目的・事業ついて

日本タップダンス協会 目的・事業 

 

日本タップダンス協会は日本のタップダンススタジオ、タップダンサーを代表する団体として、タップダンスを通し文化芸能活動を行い、人々の心身の発達、地域社会の発展に努めることを目的に活動しております。

 

相互扶助の精神に基づき、会員間の各種提携交流の促進、並びに各種共同行為などの組織活動を行い、タップダンスの発展と普及を目指すことを目的とし、タップダンサー、講師の方々へのワークショップ、公演、イベント、ライブ等の斡旋を行いたいと考えております。

また、タップダンスを始める方の各スタジオへの紹介など広範囲に渡る活動をしていきたいと思っております。